そらの日記
   気になった出来事かいてます
  >> ホーム
  >> RSS1.0
お気に入り

ロングブーツ
ムートンブーツ
エンジニアブーツ
メンズ ブーツ
レインブーツ
ショートブーツ
ウエスタンブーツ
スノーブーツ
ブーツカット
ラバーブーツ
スキーブーツ
子供 ブーツ
ニットブーツ
ugg ブーツ
ジョッキーブーツ
ニーハイブーツ
デザートブーツ
ブーツキーパー
スノーボード ブーツ
ブーツ 大きいサイズ
ワークブーツ
koos ブーツ
ミネトンカ ブーツ
フリンジブーツ
クリスマスブーツ
キッズ ブーツ
emu ブーツ
ダイアナ ブーツ
スニーカーブーツ
ファー ブーツ
サルトル ブーツ
乗馬 ブーツ
編み上げブーツ
ハンター ブーツ
バイク ブーツ
ブランド ブーツ
ティンバーランド ブーツ
アディダス ブーツ
人気 ブーツ
ミリタリー ブーツ
マウンテンブーツ
スエード ブーツ
トレッキングブーツ
パラブーツ
ナイキ ブーツ
ブーツ ランキング
リーガル ブーツ
ボア ブーツ
厚底ブーツ
レディース ブーツ
コース ブーツ
シープスキン ブーツ
オーダー ブーツ
lee ブーツ
エナメル ブーツ
プーマ ブーツ
流行 ブーツ
スケッチャーズ ブーツ
クラークス ブーツ
アウトドア ブーツ
アウトレット ブーツ
コロンビア ブーツ
クロエ ブーツ
ツモリチサト ブーツ
マーガレットハウエル ブーツ
ベビー ブーツ
シフト ブーツ
ing ブーツ
fin ブーツ
バートン ブーツ
エーグル ブーツ
卑弥呼 ブーツ
ダナー ブーツ
防寒 ブーツ
イタリア ブーツ
アグ ブーツ
ブーツ クリーニング
ゴリラ ブーツ
レッドウィング ブーツ
レザーブーツ

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 エミール・ハーシュが壮絶18キロ減ダイエットで挑んだ『イントゥ・ザ・ワイルド』
クリスを演じるエミール・ハーシュは、この映画の進行に合わせて18キロも減量したといい、その役者魂は見事。

実話の映画化しで、真の主人公の写真がラストシーンに登場する。

2時間30分と長いが映画では曖昧なままではあるが、たぶん、この瞬間にマッカンドレス( エミール・ハーシュ )は息を引取ったのであろう。

映画とはあまり関係ないが、わたしの母はこれとよく似た体験をわたしによく語ってくれた。

ここまでを148分の長尺ながらも飽きさせない作りとなったのは、美しく厳しい大自然の風景とクリスを演じたエミール・ハーシュの力量でしょう。

クリスがなぜここまで徹底的に偽名を使い、車まで捨て自分が所属していた場所(家族や物質社会)から逃げ主人公クリスを演じるのは、『スピードレーサー』のエミール・ ハーシュ。

『スピードレーサー』の時とは比べ物にならない存在感を 出しています。

物語は、クリスの旅の軌跡を章構成で追ったストーリーとそして、最後はその自然の罠にはまって命を落とすようになるのですが、この主役を演じたエミール・ハーシュは20キロの減量をして最後のシーンに臨んだそうです。

本当に壮絶なシーンでした。

しかし、この映画を冒険ストーリーとして観るに今作の主人公、エミール・ハーシュはその願望の極みともいえる計画を実行する。

現在所有している現預金やクレジットカードを捨て (2007/03) ジョン・クラカワー 本の詳細を見る エミール・ハーシュが旅に出る理由に、両親との確執が根底にあったのだが。

グラス アート
ロックグラス
焼酎 グラス
グラス スキー
シー グラス

エミール・ハーシュ。今年公開された『スピード・レーサー』の主役として彼の名を知った人もいれば、ヒース・レジャーと共演した青春ムービー、『ロード・オブ・ドッグタウン』で早くから注目していた人もいるだろう。若きレオナルド・ディカプリオを彷彿とさせるルックスと、確かな演技力が評価される実力派俳優、エミール・ハーシュに彼が挑んだ一大ドラマ、『イントゥ・ザ・ワイルド』について聞いた。

「ある日、突然ショーン・ペンから電話がかかってきたんだ」

本作は名優、ショーン・ペンが監督、脚本、製作を務め、10年かけて映画化を実現した大作。将来を約束された生活の全てを捨てて、荒野へと旅立つ青年、クリス・マッカンドレスの自伝を基にしている。ショーンがこの念願のプロジェクトの主役に抜擢したのがエミールだ。

「とにかくこの映画は、自分が選んだというよりも映画に選ばれたって感じなんだ。ある日、突然ショーンから電話がかかってきて、この映画のことで話がしたいから会おう、って。『ショーン・ペンと仕事するためなら何だってやるよ!』って気持ちだった。もちろんストーリーにも強く惹かれたしね」。そう嬉しそうに話すエミール。実はショーンは『ロード・オブ・ドッグタウン』の彼を観ていて、同作の監督、キャサリン・ハードウィックにエミールの電話番号を聞いて、自らオファーをした。まさに、相思相愛なのだ。

こうして始まった、ショーンとエミールの関係。役作りについてはあまり2人で話をしていないそうで、エミールはクリスの家族と会って話を聞いたりして、クリス役を作りあげた。

「クリスの家族はとても協力的だった。それは僕が誠意を持って演じたいということを分かってくれていたからだと思う。また、彼を知っていた人たちから話を聞いたり、大学時代の彼のビデオを見て彼の話し方や声も研究した。僕はどの役を演じるときも、出来るだけリサーチをするようにしている。まるでジャーナリストのように、取材に行って聞き出して。まぁスピード(『スピード・レーサー』で演じた役)は実在した人じゃないけど(笑)」。

ほとんど飢餓状態、18キロ減の壮絶ダイエット

そうして挑んだ撮影は、まるで人生の試練かのように過酷なものだったそうだ。誰もがスクリーンの中で、彼の変わり果ててゆく姿に驚くだろう。それもそのはず、もともとぜい肉のない体から落とした体重は18キロ。その上、雪の中の撮影から激流下りまで、ハードな撮影が続いた。

「もともとそれほどアウトドア派じゃないけど(笑)、ハイキングは好きだし、体力にも自信はあった。撮影はかなり疲れたけど、でももう止めたいという気持ちにはならなかった。逆にもっとやりたいっていう気持ちになった。こういう経験は俳優にとってやっぱり重要なことだと思うんだ」。



関連サイト:エミールハーシュ
スポンサーサイト

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2008/09/13(土) 00:55)

| ホーム | B\'z特集>>

コメント
  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2010/02/08(月) 15:44 [ 編集 ]

  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2012/11/08(木) 06:49 [ 編集 ]

  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2013/01/31(木) 05:20 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sg19sgf.blog102.fc2.com/tb.php/319-d161b1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 そらの日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。